妊婦さんの姿勢と体の不調 | 本八幡駅より徒歩8分の市川本八幡リーフ整骨院

妊婦さんの姿勢と体の不調

本日は妊婦さんの特有な姿勢や不調について
書いていきます思いますので、ぜひご覧ください♪

ブログ画像

 

妊娠中や産後は色々な不調が現れます。
腰痛や股関節痛、肩こり、背中の痛みを感じる方は多いです。

 

そういった不調には妊婦さんならではの姿勢の変化が関係していることが
多いので、今回はその特有の姿勢について書いていきます!

 

妊娠中の姿勢の変化

 

妊娠による変化はお腹が大きくなってくること。
お腹が大きくなると前側に重さが増えて、重心が徐々に前へ移動します。

 

その重さに対応するための変化として多いのが腰の反りを減らすことと、骨盤の後傾です。
妊婦さんでなくても、重い荷物を下腹部の辺りで支えて立ってみると体験できますが、何も持っていないときより腰を少し丸めて骨盤の辺りに乗せるように持つと支えやすくなります。

 

骨盤は通常、前に少し傾いていますので、後ろに傾くとバランスを取るため上に乗っている背骨や頭の位置も変化します。

骨盤後傾すれば背骨は丸くなり、首と頭は前に移動するバランスのとり方になり、猫背のような悪い姿勢になってしまいます。

 

骨盤後傾すると・・・

 

体は一か所が変化すると他の場所にも影響が出ます。
骨盤が後傾し背骨が丸くなると猫背になり、肩や首が前にいってしまうと、首、肩、背中の筋肉が引っ張られて、肩こりや背中の張りを感じるようになります。

骨盤後傾によって腰椎のカーブが減ると股関節が硬くなり、腰痛や股関節痛の原因となります。
妊娠前より腰の筋肉が伸ばされた状態が増えるので、腰に痛みを感じやすくなります。
股関節が硬くなり、いわゆるガニ股にいきやすい姿勢になりますので、ガニ股で過ごしていると
お尻の筋肉が硬くなって坐骨神経痛や、お尻から腰の痛みに繋がることがあります。

 

 

体の使い方は人それぞれ


お腹に宿った命は時間とともに大きく、重くなり、10キロを超えてきます。
ママさんはその重さを色々な工夫で支えますから、体の使い方や歪みは人それぞれです。

 

体の使い方、歪み、お悩みをしっかりと把握して施術することで結果が出ていくと思って
おりますので、妊婦さんでお悩みの症状がある方はぜひ一度ご相談ください(^^)

 

≪お問い合わせはコチラ≫
LINE ID:@296meijt

ブログ画像

≪セルフケア・健康情報≫
Instagramにて発信してます!

ブログ画像

ご予約はLINE・お電話からお気軽にご連絡ください。

治療家や鍼灸師など医療従事者も推薦!

特別価格でぜひ一度お試しください

2月29日までにご予約の方に限り
予約多数のため先着10名様 ▶︎ 残り3名

※定員オーバーの際はご容赦ください。
※大変好評ですぐに枠が埋まってしまいます。ご興味ある方は空き状況をご確認いただくことをオススメします。

住所〒272-0031
千葉県市川市平田3-11-16 グレイスコート市川 101
営業時間月~金、土 9:00~18:30
土日祝 9:00~18:00
定休日不定休